冬リゾバ

【超有意義!】学生の長期休暇にリゾートバイトをおすすめする3つの理由

大学生の長期休暇は1か月以上に渡る長期間。

大学生の長期休暇の過ごし方と言えば「旅行」や「ボランティア活動」が定番ですが、リゾート地での住み込みアルバイトもおすすめです。せっかく長期に休みがあるんです。旅行がてら遠くへ行って稼ぐのは大学生だからこそできること。

そんな私も学生時代、長期休暇を利用して何度かリゾートバイトを行いました。

夏は避暑地となる軽井沢や那須塩原、冬は暖かい沖縄でのリゾートバイトを経験しました。

仕事内容の大半は皿洗いや宴会の準備・片付け、客室の清掃といった裏方系のものでした。
私のような男子学生の場合、大抵は椅子やテーブルの設置など力仕事を任されることが多かったです。

ペンションやホテルに住み込みで1か月間ほど働いていました。
こうした経験から、学生の長期休暇中にリゾートバイトが超おすすめな理由を3つ紹介します。

①人との交流で視野が広がる

まず、リゾートバイトは多種多様な人たちに接することができます。
大学や専門学校は年齢が近い人同士が集まり、多様な人と接する機会が少ないことが実情です。

リゾートバイトには全国各地から様々な経験を持つ人が応募してきます。また、リゾート地には外国人を含めて色々なバックボーンを持つ人たちが訪れます。とにかく色々な人と接することがリゾートバイトの特徴。

自分の常識が通じず困惑することもありますが、これまでにない考え方や人生観に触れるチャンスにもなります。

学校内で生活していると狭くなりがちな視野をリゾートバイトの仕事を通じて広く保つことができますよ。

②正しい生活習慣サイクルが身に付く

次に、リゾートバイトで正しい生活習慣が身につきます。
学生の長期休みで最悪なのは、夜更かしや夜遊びが常態化して生活習慣が乱れてしまうことです。

リゾートバイトでは朝早くから夜までスケジュールがぎっしり。

早起きせねばならず仕事も分刻みで大変ですが、その分生活習慣がコントロールされ働くリズムが身につきます。学生の生活に慣れ切り、社会人としての生活に適応できるか不安な大学4年生には、住み込みでのアルバイトがおすすめ。

学生気分を身体から叩き出し、生活習慣を社会人シフトに適応させることができますよ。

③ガッツリと稼げる

最後に、リゾートバイトは純粋にお金が貯まりますし、お金を稼ぐ大変さもわかります。

1か月以上住み込みでアルバイトをすれば20万円は稼ぐことができます。学費の足しにしてもいいですし、旅行やアルバイトに使ってもOK。そして、自分で働いて自分でお金を稼ぐ大変さも身に沁みます。

お客様に楽しく快適に過ごしてもらうためには、常に気を配らねばなりません。

裏方でもアルバイトでもスタッフはスタッフ。その場にいる以上は常にプロとしての振る舞いを求められます。

神経を使うので一日の終わりには疲労感が残りますが、達成感も大きなものです。社会人として働くことの難しさとやりがいをいち早く経験できることでしょう。

まとめると、

  1. 様々な国の人・年齢層の人が集まるため視野が広がり面白い
  2. 自堕落にならずにきちんとした生活習慣サイクルが身に付く
  3. リゾバは社会人として働く意義も達成感も実感しながらしっかりと稼げる!

リゾートバイトは、社会人に向けて成長したい学生にとってうってつけ。
長期休暇を利用してリゾートバイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

リゾバするなら一気に検索できるサイトから♪

案件数No.1!数多いリゾートバイトの中から一気に検索できる!